病気と闘う妻

これが現実!排泄問題のことについて書くよ

わたしの介護生活で1番大変なのは排泄問題です

オムツを使うようになるまでをご紹介します。
あえてブログに書くのはとても辛いことですが、大切なことで、伝えたいことでもあります。

介護をする毎日で、排泄問題は避けて通れない問題だからです。
ちゃんと向き合ってみることも大事ですよね。

ひとりでトイレへ行かれなくなり、オムツを使うようになるまでの流れみたいなこともまとめてみました。

竹豊さん
竹豊さん

介護歴15年以上のプロ!?のじーちゃんです。このサイトでは在宅介護・老老介護の気づきやコツを書いています。

キイロ(娘)
キイロ(娘)

じーちゃんのノートを編集、ブログへのアップは娘の担当です。

じーちゃんのノート

排泄問題は徐々にやってくる

トイレへ行き、排泄をする。
これって当たり前なことじゃないんだよね。

妻の排泄問題。
おしっこと便の後始末をする時がきた。

脳梗塞にかかって家では杖を使って歩く妻は、時間をかけて徐々に自分でトイレへいけなくなり、失敗することも多くなってきていた。

しばらくして、パッドやオムツを使うようになっていた。
日々いい商品が発売されているので、ドラッグストアで売っているものを調査して、妻にあったパッドを工夫して使っている。

おしっこはいいのだけれど、便は慣れていない。「きたない、くさい」便の後始末は予想以上に大変な仕事だ。
トイレまであと一歩のところで便をしてしまう。下着から取り替える。毎日この繰り返し。

大きな身体をした赤ん坊のようだ。
「便がしたいのなら教えてね。」と言っても、何度言っても同じことで、便をする感覚がないようだ。
本人だって自分でできたらいいに決まっているし、いくら長年連れ添った夫にだって、そんなことさせたくないと思っている。

竹豊さん
竹豊さん

2年くらい、こんなやりとりが続いたんだ。「よく世話できたね、じーちゃん。」とほめてあげたい。

キイロ(娘)
キイロ(娘)

15年以上も本当にお疲れさまです。本当に全部父がやっています。お恥ずかしい話、わたしにはとてもできません。ごめんね。

オムツを使うまでの流れ

退院してから介護生活がはじまりましたが、はじめは自分で杖をついてでも、歩いてトイレへ行けていました。季節によって、体調によって、調子のいい時とうまくいかない時があります。

箇条書きにするのもなんですが、順番をまとめてみます。

  1. ひとりでトイレへ行けなくなる
  2. 一緒にトイレへ行くのも間にあわなくなくなる
  3. トイレに行きたいとわかる時もあれば、出ちゃってから気づく時もある
  4. 毎回下着を変えるのは本当に大変なので、下着にパッドを敷いてみる
  5. パッドでは間に合わず、オムツを使いはじめる
  6. オムツにパッドをつけてみる

トイレに間にあったり、だめだったりのくりかえしです。

いまはいいオムツ、パッドがありますよ。
ドラッグストアではちょっとした争奪戦があります。いい商品は人気があり、売り切れていることもあるのです。

ドラッグストアへ行くとオムツ関連だけで、1万円くらい使ったりします。
介護はオムツを使うようになるとお金がかかりますが、お金をかけてでも、介護を楽にするべきだと思うのです。

介護する側の気持ちはやっている人にしかわからない

介護生活の排泄問題は大きな仕事のひとつとして受け入れる。
こんな生活からあと何年たったら抜けだすことができるのかな。

暗いことばかり考えないで明るく生きようね。

じーちゃん頑張れ!!
ほら歌にあるじゃないか。
「人生いろいろ、男もいろいろ、女もいろいろ」

家事も全部やっているじーちゃん。頑張っているじーちゃんをほめてほしい。

キイロ(娘)
キイロ(娘)

じーちゃんは本当にすごい。どうしてそこまでひとりでやれるのか、娘のわたしにもわかりません。
普段、わたしに「辛い」とか、愚痴をまったく言いません。ブログにこうして書くにあたり、父の気持ちをはじめて知りました。

まとめ

排泄問題は介護生活の中でもっとも過酷な仕事です。
妻の場合は動けるからまだいい。
これが寝たきりだったりしたらと思うと・・・。

わたしだけではない。
苦労している方は沢山いると思います。
疲れてしまいますよね、本当に。

疲れている人が少しでも穏やかになれますように。

気分転換ができるとか、いいことがありますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました